blog

これからの時代は『情報処理力』と『情報編集力』の両方が大事になる

(2018/11/08 発行)


これからの時代は『情報処理力』と『情報編集力』の両方が大事になる。

どういうことか結論から言うと、

これから先、情報処理関連の業務はAIの普及によってどんどんオートメーション化が進む。

なので、人間はそこから一歩踏み込んで、処理された結果を編集していく能力を身につける必要があるのだ。

分析、計算、解決させる『情報処理力』、だけでなく、その処理したいくつもの情報を編集する力である『情報編集力』が必要になってくる。

学校教育で例えるならば、

小学校で習うのは決められた問題を解決する情報処理系の学習が多い。

中学に上がるとそこから、一歩先の自ら問題点を見出し、解決させる方法を考えていく学習が始まる。

高校に上がれば、実践的なことも視野に入れたほぼほぼ割合的にも編集処理系の学習が多くなる。

この流れは今後ますます広がるだろうし、2020年には小学校でのプログラミング授業が必須項目にもなっていく。

これまで培ってきた教育体制は今度どんどん変化する時代になっていきそうだ。