blog

誰か一人にでも響けばいい

(2018/11/03 発行)


世の中にはいろんなサービスがあって、出来るだけ多くの人をとか、目の前にいる多くの人、周りにいる人たちに役に立つものを、

と言った感じで展開することは多いと思う。

でもこれだけ個人と個人がつながりやすくなっている現代では、その個人と個人のつながりを大事にする方を優先した方がいいのではないかと思う。

昔はこんなにも密な関係を築けるサービスはなかった。

現代では世界中どこにいても話はできるし、仕事だってこなすことができる。

大衆向けよりもニッチ向け、少人数のコアなところへ向けて、そして個人に向けて喜んでもらえることを重要に考えるといいと思う。

たった一人であってもその人に響くものが作れるのであれば、そこに集中してみるといいと思う。

そこから色んな発展もあり得るのだから。