blog

アートやエンタメは残る

(2018/09/18 発行)


世の中ずっと生産性や効率性を掲げてきていた時代の流れは、すっかり自動化へと移行している。AIなどによる人工知能のロボット化だ。

以前に比べて時代の流れは急速に早まっているようにも思う。それについていけない人もいるだろう。

自動化できないものに注目しなきゃいけない。自動化できるものが今の自分の仕事なら10年も続けていられるのか?と。

今のところ、発想や、創造に関しては人工知能の手の届かない分野だと言われている。人工知能は人間がビッグデータによって学習させたものだからだ。

もし、人工知能が発想や創造を始めるときはきっと合理的なものになるだろうし、現時点でもそのようなクリエイティブなコンテンツが製作されつつある。

とはいっても、アートやエンタメ分野に関していえば、人間の手によってしか成し得ない部分が多い。人を喜ばせることに長けている人は今後益々力を得ていくだろうし、自分のことばかり考えている人には残念な結果が待っているかもしれない。

せめて身近にいる人くらいは笑顔になってほしいと思う。