blog

自分の得意分野で勝負する

(2018/09/14 発行)


今の時代はこうだとか、あの市場が熱いとか、そういうものはあったとしても、自分の得意なことから外れてしまっては楽しくないし、続かない。

誰も見ていなくても、気にもしなくても、何も考えずに打ち込めるようなことをやるのが楽しいと思う。なおかつ同じ考えを持つ人は貴重だ。そういう人といるのは楽しい。当たり前のように未来を語り合えたりする。

『誰かのためにやる』を先行させずに『自分の好きなことをやる』。これは自己中な考えでは決してなくて、自分の得意分野で勝負することで、自然と他のだれかにも良い影響を与えることができればそれでいい。

会社勤めで毎日朝早くから自分を殺して人のために働いているんだ、と言い聞かせたところで、残念なことにそれはその会社自体の得意分野を自分の得意分野と勘違いさせていることもある。そんな人生は長持ちしない。これからはキャリアをいくつもまたぎ、自分の価値を高めていかなくてはいけない時代になっているから。

定年なんて概念も変わるだろう。50、60代になってからがもっと面白くなってくるのではないかと思う。僕は今30代。まだまだそう思うと色んなことができるような気がする。でもそれは今からやっておかないと、後になって後悔しても遅い。今やれることを目一杯やりたい。