blog

誰もやらないことをやる

(2018/09/13 発行)

自分の周りで誰もやっていないことをし続ければ、それだけでも抜きんでることができるじゃないか。

外国言語を学ぶ、プログラム言語を学ぶ。

僕は昔から絵を描くことが好きだけど、絵を描くこと自体は、当たり前のように誰でもラクガキ程度ならやっている。

でも、外国言語やプログラム言語って地方にいるとなおさらやれる人間の価値は高くなると思う。

だって誰もやっていないんだから(笑)
実にシンプルでしょ。 そういうことって人の集まり、会社なんかに依存してると気付きづらくなってしまう。流されて同調しがちな日本特有の性格でもある。

でも、これからの時代に、知識なんてものは全てAIなんかのテクノロジーがカバー出来るし、いくら知識を頭の中に詰め込んでいても、行動力がなければ無意味。

ロボットなんかは恥じらいもなく、詰め込まれた知識、情報を元にあらゆる行動を実行に移す。

僕ら人間はそんなことに対抗するべきではない。

僕らが今後やるべきことは、ロボットや自分の身の周りで誰もやっていないような行動を起こすことだと常々感じている。