blog

自分の好きなことをしよう

(2018/09/03 発行)

自分の役に立つと思うこと、好きなこと、やりたいことをやる。

他の誰かにとっては何の役に立つのか分からないような、無意味に思われるような事だとしても関係ない。

僕に対して就職を勧めて来る人がいる。しかもゴリゴリに。

就職しないと結婚後の生活はままならないと思っている。食っていけないと思っている。

こういう人たちのお金の使い道というのは、

住宅ローンや自家用車を購入する際のローンなどの借金返済や会社の人付き合いによる無駄な飲み会だったりする。

お金を稼げば稼ぐほどに多くの人が借金を重ね、良い家に住み、良い車を持とうとする。もしくは好きな服や無駄に高価な時計を買ったりす

る。 そんなもの何の価値も感じない。

確かに生活は贅沢にも便利すぎる暮らしをおくれるとは思う。それは否定しないし、誰かに自分の考えを押し付けようとも思わない。

でも、自分にとってはそこに価値を見出せないから、そういうお金の使い方はしたくない。

会社というものはどれだけ実績を残しても、努力をしても、上にすでに存在している人間が退かない限り全て無駄になってしまう。

だからどれだけ結果を出そうと心は満たされないし、勘違いしている頑張り屋な先輩上司らに考えを押し付けられて、精神的な傷を負ってしまう人も多くいる。そういう人を何人も見てきた。

だらだらとでも自分にはそうするしかないと諦める人もいる。

上の人からバカにされ、侮辱され、ことごとくけなされて、それでも頑張って見返してやろうとする。

でも、そんなことは時間の無駄だと思う。そこには何の価値も見つけられない。

上の人を見返すくらいな仕事はそこにはないから。やればやるほどに上の人によって弄ばれて、消耗してどんどん傷ついていく。

次々に仕事を任せられ、あの人はどんどんラクになっていくのに自分だけ負担が増え、重荷が積み重なって、気付いた頃には手遅れで、それでも自分にはそれしかないんだと言い聞かせて、という悪循環に陥っていく。

馬鹿馬鹿しい。

そんな環境からは逃げてしまえばいい。逃げることは悪いことではない。他に自分にとっての新しい価値を見つけ始めたっていい。逃げることができないのであれば、距離を取ればいい。心の中だけでも距離を取ろう。

自分の人生は誰かに握らせちゃいけない。それが単なる仕事の中であっても、自分の人生は自分で選ぶ資格が誰にだってある。それを操ろうとする人なんて相手にする必要はない。

そんな人は放っておいて、自分の好きなことをしよう。