blog

10年後を見据えて

(2018/08/13 発行)




えーっと、

フランス語をある程度マスターしてー、その後プログラミングでアプリケーション作れるようになってー、んでもって絵を描く時間を確保してー、

それをひとまとめのスキルとして成り立たせて、10年後くらいにどうにかこうにか会社依存から抜けられる環境を作っていこうとしてます。

つっても10年スパンなので、これから何が起きるのかはわからないし、でもだからと言って何もできない自分も嫌なので、そういう感じでやってます。

せめて5年後くらいに何かしら動きたいなといったところ。というか、そんなに時間をかけようとも思ってなくて、集中的にやれば1、2年でも何かしら変化していけるんじゃないかなぁという気もしてます。

会社に勤めなくとも働ける環境はアメリカなんかを見てるとわかるとおり、10年もすればほとんどがフリーランスの割合が増えているだろうし、今以上に機械的なオートマチックな作業は人間が管理する必要もなく、AIなんかが普通にこなしてるはずです。

工場の管理なんて、プログラミング技術が整えば人の数も減らせるし、無理な労働を課す必要もなくなります。良くも悪くも仕事が減ります。

なので、これから先を考えると、そういう技術が使えるスキルを身につけといたほうがあとあと役に立つんです。今の時点でも小学生の段階でプログラミング授業が必須科目になろうとしているのも、明らかに日本に限らず、世界中でテクノロジーの変化についていけてないということもある。

昔であれば、専門学校という専門的なスキルを身につける場に行けばよかったものの、今となってはそこから一歩先の、そういうスキルは機械に任せるためのスキルというのも身につける必要が出てくる気がします。

作業的なことは機械に任せて、自分はもっと効率的にクリエイティブなことをやろうと思うのであれば、プログラミングスキルは必須科目だし、世界に目を向けるのであれば、外国語を多少なりともできれば面白くなるのかなぁと思ってます。

たぶん10年なんてあっという間。今から動いておかないと、時代の流れにはついて行けなくなるんじゃないかなぁという気持ちとワクワクとでこんがらがってますが、とりあえず今日も勉強やってます。

▶︎▶︎yoshitaka kaiのオンラインサロン9月度の入会募集開始してます!!