▶︎ ︎home ◀︎



好きな事を仕事にしよう
〜大切にしたいと思える友達編〜

自分のことを理解してくれる 自分のやろうとしていること、考えていること、目標とか夢とか、そういうことをすんなりと受け入れてくれる。そしていっしょに共有してくれる。そんな人を大切にしたい。 悪いと思うことはまっすぐに悪いと言ってくれる なにもかもを肯定的に捉えてくれる必要はない。時に厳しい意見も必要だと思う。でもそれは自分よがりな事ではなくて、全体的な雰囲気や成り立っている考えとしての意見。誰かを傷つけようとしたり、自分本位な考えはすぐにバレて信用を失うことになる。 何が何でも応援してくれる 根拠もなく応援してくれる人ほどありがたいものはない。あなたなら出来ると勇気付けてくれる人、本人の強みを見つけてくれる人は貴重な存在だから大切にしたい。 ユーモアが通じる ユーモアがあれば命に関わる重いことなんか以外は大抵乗り切れる。そのくらいの気持ちで余裕を持ちたい。性別的な差別とか人種差別とか嫉妬、羨みとかそういうわけのわからん言い分なんてユーモアでさらっとかわしてしまえばいい。 ちょうど良い距離感を保てる 時に一人になって考える時間も必要で、気持ちに余裕がない人ほどこれができないと思う。むやみやたらと人に物言いしたり、おっ広げに自分の思いをぶつけてはちゃんと相手に気持ちが伝わらないなんてことは良くあることで、大切な人ほどちょうどいい距離感を保てる間柄で在りたい。そういう人が一人二人いさえすれば、他の人に接する時でも気持ちの余裕は自然と出来てくる気がするんだなぁ。 大切な友達は一人二人でいい 多いに越したことはないけど、そんな大勢いる必要もないと思うし、信頼されるに越したことはないけど、自分のちょうどいい加減が大事だと思う。なんでも話せる人とか、今の気持ちを話したいとか、そういう時にすぐにパッと浮かぶ、尊重し合える友達は大切にしたい。 僕の場合、人付き合いなんてめんどくさくて苦手に感じる部分はありますが、それでも一人二人つくることは出来てるのでその人たちのことくらいは大切にしなきゃなぁと思ってます。 (2017/04/16 更新)

yoshitaka kaiのFacebook。いっしょに情報交換とかできたらいいなぁ〜。



copyright©yoshitaka kai