▶︎ ︎home ◀︎



好きなことを仕事にしよう
〜会社の家畜から抜け出せ編〜

企業の倒産が9年ぶりに増加 Amazonが日本に広まりだした頃って本屋がことごとく潰れだしていって、今はファッション業界が危うくなってきてる。H&Mとかしまむらとか今期決算はマイナスで終わったりとか、そういうとこは何かしら変化がなかったり、時代にあった対応が足りなかったりっていうのがやっぱり原因になってるみたい。 自分の勤める会社がずっと安全という保証はない。 もう春も来てるし、新生活真っ只中にこういう話もどうかなぁとは思うけど、でもこれを前提に生活した方がいいと思う。これは誰にも劣りうる事であって、業界を絞る事もないし、どんなものでも起こりうる事。だからまだ何も起きていない状態の今から自分に保険をかけるではないけど、出来ることはやっていて損はと思う。さて何する?…。 自分の時間を確保する やりたいことがあるのにやれないとか、仕事にばかり時間を取られてしまってとかよくある話で、今でもなお毎日残業に明け暮れている人は大勢います。だから精神的な病だとか、変な詐欺に合う人、そんな詐欺をやろうとするアホが増えてくるわけです。 仮想通貨が今年に入って一時期爆発的に相場がグッと上に上がり、一瞬にしてガタ落ちしました。その時にも、色んな詐欺や噂が流れ、でもあまりに情報収集をしていなかったがために甘い誘いに引っかかる人たちもいたようです。 仮想通貨は自分たちが働いてる時間、今でも常に相場が変動しているので、お金さえ注いでいればどんどん値上がりして、不老所得を得られる投資なんて楽観視しすぎるのも良くない。 そんなことよりもまずは、自分のプライベートな時間をしっかり確保できるようにして、好きなことをやるとかの方が全然いいですよ。 会社の会議に遅刻するくらい夜遅くまでゲームしたっていいじゃないですか。これからゲームというコンテンツは時代の流れによってどんどん市場拡大して、やる人の価値は上がってきますよ。 そういう判断も情報集めの時間を確保しているからこその判断だし、どれだけ会社の会議に参加したところで自分のなんの役に立ちますか?無駄でしかないですよ。 会社の家畜と化していることに気付かないといけない。 会社の家畜とは 毎日定時という決まりごとに縛られてしまうこと。 自分の正しいと思うことよりも上司の判断が優先になるということ。 自分にリスクがほとんど伴わない分、利益もほとんどないということ。 社内の決まりが当たり前だという嘘にまみれること。 プライベートな時間でさえ犠牲にしないといけないこと。 生活の拠り所は全て勤めている会社にすがるしかない。 若い人、独身の人ほど転勤地獄にあう。 会社内でしか通用しない概念を気付かぬ間にすり込まれる まだまだありますよ。会社の家畜ほど将来を危険にさらすものはない。 会社の家畜から抜け出す方法 とにかく会社依存から抜け出すしかない。そして自分の価値を高めて、外に発信していく。自分の価値を強みにして、自分にしかできない、自分だからこそできる仕事を作っていく。 あなたにしか出来ない仕事を会社の中で作りすぎるのは、負担が大きく、そして不利に働く。 あなただからできる仕事は会社の中では役に立たないかもしれないが、外に出れば可能性は広がる。 好きなことをしよう まずはここからだと思う。僕の場合は、愛犬に助けられ、幼い頃から文章を考えたり絵を描くことが好きだったことが今に活きていると思う。 愛犬達との生活は本当に人生豊かにしてくれました。おかげで人相が変わったと感じる事も多々ありますw あと仕事仕事と毎日明け暮れている人生がアホに感じられてしまって、この子達と楽しく毎日過ごすにはどうすればいいかとか、そういうことを考えるきっかけが今こうして自分で色々やり始めたことにもつながってますね。 文章を考えたり絵を描くことはもうここ何年かずっと続けています。表現方法が自分は割と色々あって、一時期ギター弾いたりとかもやってるくらい表現人間なのかもしれませんw それがあったから自分の気持ちに素直にもなれたし、色んなことを考えることにもつながりました。 好きなことを仕事にしよう そんなことを毎日繰り返しているうちにその好きなことをいっそのこと仕事にできないかと考え始めたわけです。そこからとにかくググってググってググりまくりの毎日が続きました。とにかく会社の家畜から抜け出す方法を探し始めたのです。 そんなこんな色々考えつつ、色々試しつつやってきたことは、『好きなことを仕事にしよう』の記事で色々綴ってますのでチェックしてみてください。何かしら参考になれば嬉しいです。 (2017/04/12 更新)

yoshitaka kaiのTwitter。目新しい情報や役立ちそうな情報盛りだくさん。



copyright©yoshitaka kai