▶︎ ︎home ◀︎



何もできないは嘘。

人はそれぞれに好きなことを持っている。もしくは持っていたはず。今すぐに思い浮かばないとしても、過去を辿ったりすれば、子どもの頃漫画家になりたかったとか、歌手になりたかったとか、獣医を目指そうとしてたとか、何かしらあるのではないかと思う。寝ることが好きなら、熟睡できる方法とか、快適な睡眠を催す環境なんかも気になったりしないだろうか。そういうところから好きなものって広がっていくと思う。 誰かがやっていたことが気になって試しにやってみるとか、そういうことでも良いと思う。やってもないことにはハマるか、すぐ飽きるかなんてわからない。 何か好きなことが一つあればそれを突き詰めて、仕事にできるかもしれない。新しい人とのつながりを作れるかもしれない。でもまずは稼げるのかとか、生活していけるかとか、そういうお金目的なことはおいといて、楽しんでやってみればいい。 そうやってハマって、人よりも抜きん出るくらいなものになれば何かしら結果も出るかもしれない。同じようなものが好きな人とフォローし合えばそこで新しいコミュニティーができたりもするのはネット社会ならではなことで。 何もしないで普段の生活に疲れているくらいなら、どこかしらの時間を好きなことに費やしてみても少しくらいはいいでしょ。バチ当たんないでしょ。 何もできないは嘘。 できない理由はいくらでも作れる。成功事例だとか誰もやったことのないことで効果を出すこと自体、そう簡単なことではないと理解してれば、好きなように毎日少しずつでも楽しい時間が作っていける。 例えばnoteというアプリを使って自分の私生活の中で興味のあることを記事にして有料販売してみる。とか絵を描くことが好きなら自分の絵を世界へ発信できる環境を作ってみるとか(SNSでその辺は結構やれるけど)料理が得意なら動画なり写真なりとメニューなんかをコンテンツとして作っていけば、少しずつでも見てくれる人は増えていくかもしれない。ゲーマーだって同じことが言える。 好きは自分だけにしかない強みになる。 それをいくつも育てて、組み合わせれば自分だけのスキルができたりする。例えば、 10年アパレル関係で働いていた + 子どもの頃から絵を描くことが好きだった + 世界の情報を学ぶ、発信することが好き だとしたら、世界のアパレル事業を学べるコンテンを作りつつ、自分で服をデザインなんかしたり、オススメのコーディネート紹介サイトを作ったり、そんなことがたくさん浮かんでくるはず。アイディアは無限でいくつあっても困らない。 ほんと馬鹿な意見だって役に立つこともありうる。だからどんどんアウトプットしてみればいい。 何もできないは嘘。何気無いことでもいいから好きなことをいくつか組み合わせて自分だけのスキルを育てよう。 (2018/04/03 更新)

Tシャツとか缶バッジとか今年は作ろうと思ってます。



copyright©yoshitaka kai